症状改善報告

REPORT

症状改善報告

【慢性腰痛】治らないと考えていた重症化した慢性腰痛が完治、14回4か月の治療プロセス

  • 慢性腰痛

 

症例報告

 

Top member 吉田

 

この記事は、仕事の業務内容が変わったことで発症し、

2年続く慢性腰痛が完治に至るまでの過程を記しています。

 

慢性化した腰痛がどのようにして完治に至ることが出来るのか?

などを交えながら詳しく記していますので、

患者さんの感想と合わせてご覧ください。

腰痛が慢性化した経緯と症状

患者

37歳 男性 会社員 三重県在住

症状

慢性腰痛

来院日

平成29年11月初旬

来院経緯

腰痛の発症は約2年前。

 

デスクワークだった仕事が、

重たい物を運ぶ作業に変わり、

腰が重たく感じるようになる。

 

職場には腰痛で悩んでいる人が多く、

「腰痛は治療を受けてもその場しか良くならない。

治らない。」と聞いていたので、

治療を受けずに、我慢して仕事を続ける。

 

重さは常にあったが、

朝起きた時や仕事中に痛みが出るようになり、

仕事に集中できなくなる。

 

仕事が休みの日は

疲れを取るためにできる限り活動を抑えて、

腰痛に効果があると言われているストレッチなどを

やりながら、日々の生活を送る。

 

 

本当に腰痛を治す方法はないのか?と

疑問に思い、充実した日々を送るために、

インターネットで治療院を探す。

 

当院のHPにたどり着き、

口コミサイトで評判を見る。

口コミサイト内で、「完治した。」「治った。」

などの投稿が多いことから、「もしかしたら治るかもしれない。」

と感じ、来院を決意。

「治らない」と考えていた慢性腰痛が14回の施術で完治した過程

1診目

現在患者は、朝起きた時や重い物を持った後の

腰の痛み・重さを訴えている。

 

腰の重さは動作とは関係なく常にある。

 

痛みの確認を行うが、

施術室内で痛みの再現を出来る動作はない。

 

腰痛の場所を確認する。

重さは全体的にあり、(写真青〇)

上殿部に圧痛を確認できる。(写真赤〇)

シビレはないとの事。

 

 

痛みの性質や痛みの場所から

「慢性腰痛」と判断して、

この判断をもとに治療を開始する。

 

<治療>

曲地・合谷に接触鍼、太谿に置鍼し、身体全体のエネルギー調整。

腸腰筋バランス調整、内臓調整、腸脛靭帯押圧、骨盤調整。

 

施術室内で痛みの確認が出来ないため、

仕事中や起床後の痛みを確認しておくように伝える。

 

 

患者は遠方からの来院で、

平日は仕事終わりすぐに向かっても間に合ない時間で、

土曜日も不定期で仕事があるため、

来院は不規則になるとのこと。

 

慢性腰痛を完治させるために、

週に1回は来ておいてほしい旨を伝え、

患者の承諾を得て、1診目終了。

2診目

前回から1週間後の来院。

 

症状に変化はない。

 

<治療>

曲地・合谷に接触鍼、太谿に置鍼し、身体全体のエネルギー調整。

腸腰筋バランス調整、骨盤調整、下腿アライメント調整、内臓調整。

 

次回、1週間後の来院予定。

5診目

前回から3日後の来院。

 

患者から「前回から少し良くなって、

このちょっとの変化ですごく仕事が捗ります。」

との報告。

 

<治療>

曲地・合谷に接触鍼、太谿に置鍼し、身体全体のエネルギー調整。

腸腰筋バランス調整、骨盤調整、下腿新アライメント調整、内臓調整。

 

次回、土曜日が仕事の関係で来院できないため、

11日後の来院予定。

8診目

前回から1週間後の来院。

 

患者から「腰の調子は良くなっているのですが、

朝起きた時の痛みが特に気になります。」との報告。

 

<治療>

曲地・合谷に接触鍼、太谿に置鍼し、身体全体のエネルギー調整。

内臓調整、腸腰筋バランス調整、骨盤調整、下腿アライメント調整。

 

次回、1週間後の来院予定。

12診目

前回から1週間後の来院。

 

患者から「前回残っていた朝起きた時の痛みが

無くなりました。」との報告。

 

<治療>

曲地・合谷に接触鍼、太谿に置鍼し、身体全体のエネルギー調整。

腸腰筋バランス調整、内臓調整、骨盤調整、下腿アライメント調整。

 

次回、状態を維持できるかを慎重に確認するために

少しずつ間を空けていく。

2週間後の来院予定。

14診目

前回から1か月後の来院。

(前回、1ヶ月空けるように指示している。)

 

患者から「1ヶ月間を空けても

全く痛みがありませんでした。」との報告。

 

<治療>

曲地・合谷に接触鍼、太谿に置鍼し、身体全体のエネルギー調整。

腸腰筋バランス調整、内臓調整、骨盤調整、下腿アライメント調整。

 

今回の施術で、間を空けても状態を維持できていることを

確認できたので、次回から1ヶ月に1回のメンテナンスに

移行する旨を伝え、施術終了。

患者さんの口コミ・感想

Q1、どのような症状でお困りでしたか?

またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?

腰痛でした。

治療は自分でストレッチを行っていました。

通い始めて胃痛が出てきました。

胃痛は何もしていません。薬局の薬を飲みましたが、効果はうすいです。

Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?

またその心配はどうやって解消しましたか?

鍼が身体にささるので、痛みが心配でした。

心配でしたが、まず一回受けてみて合わなかったらやめようと思いました。

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

待合室がきれいで印象がいいです。

施術は鍼の痛みはほぼないので安心できます。

お腹の筋肉をゆるめるためのマッサージは痛みがありますが、

相応の効果が実感できました。

続けて来院すれば必ず良くなります。

Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます。

お名前:深津

ご住所:三重県

ご年齢:37歳

ご職業:会社員

慢性腰痛の原因と治療

今回の患者さんである深津さんは、

2年間、仕事中や起床後の腰の重だるさに悩んできました。

 

仕事場の人も腰痛で苦しんでいる方が多く、

「腰痛は治らない。」と言われ、

深津さんも腰痛は改善しないものと考えていました。

 

治療途中でも「治療してすごい楽ですが、

また痛くならないですか。」と不安の言葉を漏らしていました。

 

 

そんな治らないと考えていた腰痛が、

治療期間4か月、14回の施術で完治に至りました。

 

最後に「腰痛は治るんですね。」と前向きな言葉を聞けたときは、

治してあげられて本当に良かったです。

 

これからは、腰痛を気にすることなくお仕事頑張ってくださいね(^^)/

 

 

それでは、考察に移ります。

 

 

深津さん自身や周囲の人が「腰痛は治らない。」と

考えていた慢性腰痛が、

なぜ、当院の施術で完治に至ることが出来たのか?

 

 

まずは慢性腰痛について知っていただく必要があります。

 

慢性腰痛とは

3ヶ月以上続く腰痛の事で、

痛みは「重い」「だるい」などの鈍痛であることが特徴です。

 

慢性腰痛のように痛む期間が1ヶ月以内と短いものを

急性腰痛と言われます。

 

 

一般的な治療は、

・マッサージや湿布

・コルセット装着

・リハビリテーション

などが挙げられます。

 

ただ、これらの治療は、

根本から改善してあげることが出来ないため

その場しのぎでの治療となってしまいます。

 

 

慢性腰痛の原因は約85%以上が原因不明だと言われています。

 

原因がわかるものとしてあげられるものが、

腰椎の骨折や腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症などの

骨に異常があり、レントゲンではっきりと分かるものと、

内臓疾患からの放散痛です。

 

これらの原因が分かるものとして挙げた疾患は、

病院での検査で判明するものです。

 

当院では85%以上が原因不明だと言われている

慢性腰痛が根本から改善していき

完治に至ることが出来ます。

 

なぜ、根本から改善させることが出来るのか?

 

それは、

私たちは原因を見つけ出すことが得意だからです。

 

最初に行う問診や脈診、触診や特殊な検査によって、

レントゲンやMRIなどで見なくても、

骨筋や内臓、気の流れが見えるので、

その根本原因を取り除くことで治すことが出来たのです。

 

 

深津さんの場合、以下の3つがげんいんしていました。

➀腸腰筋の過緊張

腰部から大腿部に着き、股関節を跨ぐ腸腰筋が

過緊張を起こし、股関節の可動域制限や

腰部の柔軟性低下により、腰への負担を増大させていました。

⓶内臓の疲労

仕事が忙しくなり、生活習慣が乱れ、

内臓への疲労が溜まり、治癒力の低下を引き起こしていました。

これにより、腰痛を発症した時、

身体が治るように働かなくなり、慢性化していました。

➂下腿のアライメント異常

下腿にある脛骨が外旋(外側に捻じれること)により、

骨盤や股関節が歪んでいき、

腰への負担を増大させていました。

 

これらの原因を確実に取っていくことで、

原因不明で治らないと考えられている慢性腰痛が

完治に至りました。

 

 

最後に、

もし、あなたやあなたの周りの人が、

「治らない」と考えていて、

うまく付き合っていくしかないと諦めていたとしても

治すことを諦めないで下さい。

 

当院では「治らない」と考えていて、

それでも何とかしたいという方を片端から治しています。

 

あなたがどれだけ長い期間、疾患を患っていたとしても、

一日でも早くそんな症状から解放してあげたいという想いで

日々治療にあたっています。

 

あなたとのご縁心よりお待ちしております。

 

 

感謝。

 

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慢性腰痛ってホントに治るの?

同じ症状の改善報告