アキレス腱炎

僕ら「少数精鋭治療家集団®」は、患部をほとんど触らず「安全」にアタリマエのように痛み・シビレを改善へと導き、1年以内にはスポーツだってできるまでに戻します。

我ら少数精鋭治療家集団が、あなたに“最後の一手”を差し伸べます

医師の推薦・書籍出版・TV出演・施術実績のべ10万人以上!

アキレス腱炎の主な症状とは?

アキレス腱炎とは、ふくらはぎから踵骨(かかと)に付着するアキレス腱が、ジャンプや走るといった運動を過度に行う事で炎症を起こす疾患です。

アキレス腱炎を発症するとアキレス腱が腫脹し、圧痛(押すと痛い)や熱感が見られます。
運動をしている最中や運動後、歩き始め、朝起きた時に痛みを生じやすいです。
症状が進行すると、安静時にも痛みを感じる事があります。

このアキレス腱炎ですが、痛む場所によって症状名が変わります。

アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎、アキレス腱滑液包炎は発症のメカニズムと病態に多少の違いはありますが、症状や治療についてはほとんど同じです。

なかたに鍼灸整骨院でアキレス腱炎が改善している理由

一般的に、アキレス腱炎で病院を受診すると、第一に安静にする事を促されます。
そしてアイシングや湿布、足底板(インソール)の装着を勧められる事がほとんどです。

でも、これらは対処療法であって根本治療とは言えません。
身体の根本を変えないと、運動をすれば痛みを再発しまた元通りとなってしまうのです。

「なかたに鍼灸整骨院」は「患部だけに発症の原因はない」と考えています。

痛みがあればその箇所に焦点がいき、そこだけを治療しようと考えがちになってしまいます。
でも、痛みが発症するメカニズムは単純ではなく、患部だけの治療で簡単に治ってしまうものではないのです。

これは「アキレス腱炎」にも同様に言える事です。
アキレス腱に炎症が起きて痛みが出ていますが、炎症が現れてしまった過程と原因を突き止めないといけません。

患部だけに焦点を当てず身体全体を診て治療を行う事で、病院でも治らなかったアキレス腱炎が治っていくのです。

アキレス腱炎を起こす原因とは?

現代医学的に、アキレス腱炎の発症原因はオーバーユース(使いすぎ)と解釈されています。

運動などでアキレス腱に繰り返し負荷がかかる事で、腱やその周囲の組織に炎症を起こし痛みが現れると言われています。

でも、過度な運動をしても痛みが出ない人もいます。
痛みが出る人と出ない人の違いはどこにあるのでしょうか?
この違いが根本的な発症原因と言えるでしょう。

アキレス腱炎を発症しやすい人の特徴は、身体の使い方が悪い状態にあります。
身体の使い方が悪い(フォームが悪い)状態で身体を酷使する事で、アキレス腱に負荷がかかり、痛みを生じやすくなるのです。

具体的にいうと、股関節・膝関節・足関節にロックがかかって可動域が低下している状態の事です。
下肢にある3つの関節の動きが低下していると、その関節に付着している筋肉や靭帯で身体を支えようとします。
そうすると筋肉や靭帯に通常よりも大きい負荷がかかり、炎症を起こしやすくなるのです。

これらを解決しないかぎり、いくら安静にして炎症をなくしたところで、運動を再開すれば元通りの状態に戻ってしますのです。

アキレス腱炎を改善させるために必要な事

アキレス腱炎の根本原因が理解出来ると、アキレス腱周囲だけを治療するのでは足りない事が分かると思います。

股関節、膝関節、足関節のロックを解除し、アキレス腱にかかる負荷を解消していく事で痛みの緩和、再発予防をしていきます。

次に、アキレス腱炎では患部の炎症を取る必要もあります。
病院では炎症をとるために安静の指導やアイシングの措置などが取られます。

しかし、日常生活で足を使わずに生活するのは困難であり、立っているだけや歩いているだけでもアキレス腱に負荷がかかっている状態です。

ベッドで寝たきり以外にアキレス腱を使わずにいる事は困難なので、「安静にする」という事自体がそもそも困難なのです。
そしてアイシングをして炎症をとろうとしたところで、足を使うたびに炎症が強まるので、アイシングの効果が追い付きません。

では、どうしたら炎症をとる事が出来るのでしょうか?

それには「ホメオスタシス機能の向上」が必要不可欠になってきます。
ホメオスタシスとは、「人間の体が常に正常値に戻そうと頑張ってくれている」という身体の働きの事をいいます。

ホメオスタシスの機能が低下すると、炎症がいつまでも取れず、痛みが緩和しにくくなります。
当院ではホメオスタシス機能の低下は、「血液の流れの低下」だと考えています。

血液の流れを正常化させ「正常値に戻す力=ホメオスタシス」を引き出すことでアキレス腱炎の炎症・痛みを緩和させていくのです。

どんな施術でホメオスタシス機能を回復させるのか?

なかたに鍼灸整骨院で行う施術法は『天星十五脈診整法®』と言います。

天星十五脈診整法では、人間が本来持っている「体を常に正常値に戻そうと働く力=自然治癒力=ホメオスタシス機能」を引き出すことで「どこに行っても」「何をしても治らなかった」方々を改善し救っています。

天星十五脈診整法は子どもの頃の治癒力を目指します。
子どもの頃は「慢性的に痛い」なんて経験はなかったと思いませんか?
少々の痛みや不調は放っておいたら治ったじゃないですか。
あの再現を目指すことができる稀有な施術法が天星十五脈診整法です。

「なかたに鍼灸整骨院」が考える 治癒力低下・ホメオスタシス機能を低下させるプロセス

まず筋肉の特徴として「長時間・同一姿勢」を行うことで筋肉は緊張・硬化します。
それを長年繰り返すことで、その硬さが定着します。
さらに年齢とともにそれらを放っておくことで、硬化箇所が多発します。
それでも放っておくと、より硬化は進みます。

硬化した筋肉の中には血管がまんべんなく張り巡らされています。
血管の中には血液が流れ、生きるために不可欠な酸素や傷を修復させる物質、ホルモンなど様々な「生きるため」の要素を全身に運び「生を維持」しているのです。

それらが各臓器や皮膚・筋肉などに運ばれなくなると人は死んでしまいます。
死なないまでも血流障害により「正常に運ばれてこない」ということは、当然不調を引き起こし「治らない」ということが起こるのは当然と言えるでしょう。

たとえばホースを思い浮かべていただくとわかりやすいです。
いくつもの箇所を足で踏まれてしまったホースは出口からスムーズに水が出てくるでしょうか?

筋肉が硬化し血管を圧迫し血液の流れが悪くなるというのはそれと同じ状況です。
それこそが治癒力・ホメオスタシス機能を低下させ、子供の頃のように「放っておいても治る」ということがなくなってしまう原因です。

「なかたに鍼灸整骨院の天星十五脈診整法」の稀有な結果を出し続ける理由は、このように「治らない体環境」を生み出す過程を理解し、またそれを解消させる特別な術を持っていることで起こります。
長年かけて硬化した筋肉は、ただマッサージするとか鍼を刺すとかそんな簡単なことでは絶対に「子供の頃」の治癒力を生み出すような筋肉には戻せません。

天星十五脈診整法によりホメオスタシス機能を回復させる考え方

西洋医学は対症療法です(悪いと言っているわけではありません)。
整体やカイロは骨を正す、つまり「ゆがみ直し」です。
ただ、骨のゆがみなど正したところで骨のゆがみは直ぐに元のゆがみに戻ります。

骨には必ず筋肉が付着しているので、その硬くなった筋肉のままでは当然直ぐに元のゆがみに戻ってしまうのです。
その点、筋肉を柔らかくすれば骨のゆがみも取れてしまうのも当然のことです。
骨が勝手にゆがむことはありません。
あくまで長年かけて筋肉が硬くなることでそこに付着している骨がゆがむのです。

そうして、長年かけて硬くなった筋肉を「子供の頃」のような筋肉に近づけ、血液の流れを確保し、ホメオスタシス機能を回復させることで、「治らない」とされているような慢性の難治性疾患にも対応していけるのです。

Dr.なんぼでっか!?視聴可能

関西10,756件の中から 『関西ゴッドハンド頂上決戦』で 見事頂上を制しました!

Dr.なんぼでっか!?

代表の写真

代表からメッセージ

なかたに鍼灸整骨院は、どこに行っても良くならない方の「最後の砦」となり、「あきらめなくていいんだ!」と希望を持つことのできる治療院。
をコンセプトに掲げることでストイックに治療道に邁進しています。

施術スタッフは少数精鋭治療家集団®を標榜し、
「天星十五脈診整法®」を使用するスタッフをトップメンバーと呼び、
代表が常にアップデートするその技術を確実に継承し日々研鑽し施術にあたっています。

「天星十五脈診整法®」は、
目の前の患者さんの症状をいかに早く、いかに安全に、いかに確実に改善するか。
を目的に生まれた施術で、西洋・東洋問わず「良いものは吸収する」の精神で取り入れ成長してきた施術です。

「まずは体質改善をしましょう」などと言って、1年も2年もかけて1つの症状を追うとか、枕やベッドやグッズを購入してもらうことではじめて治りますよ。
などいう本来の患者さんの「治してほしい」という気持ちを裏切るようなことはせず、
ただただ「早く・安全に・確実に」を意識の中心に持ち日々施術にあたっています。

あなたが「どこに行っても改善しなかった」なら、
「最後の砦」としてプライドを持って、
確実に改善していきます。

安心して来院くださいませ。

仲谷健吾

なかたに鍼灸整骨院で施術を検討されている方へ

予約のお電話

ご予約は下記お電話(スマホの方はタップしてそのままどうぞ)にて承ります。

電話番号

電話受付時間 / 8:30〜20:00
(※土曜日は18:15まで)
休業日 / 日曜・祝日・木曜日午後

※少人数で対応しているため、お電話に出られない場合がございます。
留守番電話にお名前・お電話番号を残していただきましたら、折り返しお電話させていただきます。

お問い合わせ(24時間受付中)

▲ お問い合わせはコチラからも可能ですが、ご予約はお電話でのみの対応となっております。

料金案内

診察料6,500円 ※初めて診察の方は+診察料3,000円

初めて当院をご利用の方は、診察料6,500に加え初診料3,000円を含めた合計9,500円が必要となります。

※ お支払い方法は現金のみとなります。
クレジットカードはお使いいただけませんのでご注意ください。

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約専用ダイヤル

電話受付時間 / 8:30〜20:00
(※土曜日は18:15まで)
休業日 / 日曜・祝日・木曜日午後

営業時間

※少人数で対応しているため、お電話に出られない場合がございます。
留守番電話にお名前・お電話番号を残していただきましたら、折り返しお電話させていただきます。

営業時間外のお問い合わせは、こちらから

LINEでご予約&お問い合わせ(24時間受付中)

メールでお問い合わせ(24時間受付中)

なかたに鍼灸整骨院

Dr.なんぼでっか!?視聴可能

関西10,756件の中から 『関西ゴッドハンド頂上決戦』で 見事頂上を制しました!

Dr.なんぼでっか!?

出版書籍

サンマーク出版社より H30.12.11 発売

「言葉」を変えれば体の「痛み」が消える

少数精鋭治療家集団代表仲谷健吾の初の著書
『言葉を変えれば体の痛みが消える!』がサンマーク出版社より上梓されます。

あなたが何気なく使用している“正しい言葉”と“エラー言葉”
その言葉が痛みを、そして人生までをコントロールしてしまっているのです…

10万人超の患者さんを診てきた代表 仲谷が、痛みをとる秘訣を公開します。
是非、お近くの書店にてお買い求めください。

※こちらからご購入前に無料で1章までお読みいただけます!
「サキ読み」https://www.sunmark.co.jp/sakiii.php

医師からの推薦状

津田 忠明 医師(元 住友生命 社医)

津田 忠明 医師

私は医師として40年余りの歳月、西洋医学に携わってきましたが、東洋医学に目を向けることは多くはありませんでした。
しかし、なかたに鍼灸整骨院の「天星十五脈診整法」という傑出した高度な施術を知ったことで、東洋医学の奥深さ、素晴らしさを実感いたしております。
治療院が乱立する昨今では「何件も回ってみたけれど良くならなかった。」どこの院のホームページを見ても良さそうなことが書いてある。」という方が多くいらっしゃいます。
そんな迷ってしまっている患者さんにこそおすめしたい治療院です。

改善報告・喜びの声が多数

550件以上の感謝のメッセージが届いています

お客様の声

最近は色んな治療院のホームページで『喜びの声!』といって感想を掲載していたりしますよね。
当然、当院には他とは比べ物にならないほど喜びの声が集まっています。

中にはかなりデリケートな内容を書いてくださってる方もいて全ては掲載できていませんが、(登録に手が回らないってのもありますが)
院の受付の引き出しには550枚以上もの患者さんからの感謝のメッセージが保管されています。

これだけの数があれば、あなたと同じような症状の方の事例も確実にあるに決まってますよね? ですから安心してお越しくださいね。

料金案内

診察料6,500円 ※初めて診察の方は+診察料3,000円

初めて当院をご利用の方は、診察料6,500に加え初診料3,000円を含めた合計9,500円が必要となります。

※ お支払い方法は現金のみとなります。
クレジットカードはお使いいただけませんのでご注意ください。

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約専用ダイヤル

電話受付時間 / 8:30〜20:00
(※土曜日は18:15まで)
休業日 / 日曜・祝日・木曜日午後

営業時間

※少人数で対応しているため、お電話に出られない場合がございます。
留守番電話にお名前・お電話番号を残していただきましたら、折り返しお電話させていただきます。

営業時間外のお問い合わせは、こちらから

LINEでご予約&お問い合わせ(24時間受付中)

メールでお問い合わせ(24時間受付中)

なかたに鍼灸整骨院