症状ブログ

SYMPTOM BLOG

症状ブログ

手術しかないと言われた膝痛が 現在は正座ができる程に回復へ

こんにちは(^^)

奈良の「なかたに鍼灸整骨院」

「少数精鋭の治せる治療家集団Ⓡ」TOP MEMBER丸山です。

 

 

今回のテーマは

「手術しかないと言われた膝痛が

現在は正座ができる程に回復へ。」

 

 

 

あなたが現在、膝が痛く

病院で膝にたまった水を注射で抜いたり

ヒアルロン酸注射をしても良くならず

憂鬱な日々を過ごしているなら

この記事を最後まで読んでみてください。

きっと勇気が出ると思います(^^♪

 

 

 

 

今回「患者さんの声」をくださった藤井さんの症状は

「内側半月板損傷」でした。

 

藤井さんは整形外科の診断では

左の半月板損傷に加えて、

右膝の軟骨がすり減っている状況ということでした。

 

 

症状としては、膝に水がたまる。

歩くのが痛く、階段を降りるのも痛い。

正座が出来ない。

 

この記事を読んでいるそこのあなたも

上記のような症状をひとつは抱えているんじゃないですか(>_<)??

そうなんです。

膝の症状を訴えられる方の多くは

藤井さんと同じく上記の症状で悩んでいるんです(>_<)

 

 

その中でも藤井さんの一番困っていられたのは

日課の太極拳が出来ないこと

藤井さんは太極拳の講師をされているのですが

両膝の痛みのせいで太極拳が出来なかったのです。

生徒さんの前で膝を深く曲げることが出来ない

それが一番の悩みだったようです(>_<)

 

 

MRIで内側半月板損傷と診断され、

病院に行き膝の水をぬいてもらい、

ヒアルロン酸注射を3回。

それでも良くならず、病院では「手術しかない」と言われたそうです。

手術を断り、太極拳のお友達からの紹介で

縋る思いで当院に来られました。

 

 

藤井さんは「私の膝って治りますか??」

と、直球で質問されたので

 

「一度損傷した半月板を治すことは残念ながら出来ません。

ただ、歩くのが痛い、階段を下りることが痛いなどの症状をなくすことは出来ますよ(*^_^*)」

と素直に答えました。

 

 

藤井さんの膝の症状は重く、

私は簡単には治るとは思っていませんでした。

しかし諦めず、通院してくれました。

その結果、

現在、藤井さんは太極拳を毎日できています。

そして、正座もできるように!

嬉しい~\(^o^)/

 

 

それでは、

藤井さんの「患者さんの声」をどうぞ(^^♪

 

Q1、どんな症状をお持ちでしたか?

 

半月板損傷

Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?

別に心配はありませんでした。

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想などを教えてください

好感の持てる院でした。

手術と別の整形で言われて、手術が嫌で当院に来ました。

Q4、あなたと同じ様な症状をもった方へなにか勇気が出るメッセージがあればお願いします。

続けて、自分なりにも努力することが大切だと思います。

普通に歩けて、正座も出来る様になりました。

 

お名前:藤井、住所;生駒市、ご年齢73歳、職業;なし

 

 

 

藤井さん嬉しいお言葉ありがとうございます♪

 

 

 

「手術しかない」といわれた膝の痛み。

膝の水をぬいても、ヒアルロン酸注射をしても

治らなかった膝の痛み。

それが、階段も昇り降り出来て、

運動をしても痛くならず、

正座まで出来るようになりました(*^_^*

 

 

 

藤井さんの膝は熱感が酷く、まずは熱感をとることが大事でした。

熱感をとることが出来ないと、いくら膝の水をぬいても

ヒアルロン酸注射を何回も打っても意味がありません。

 

熱感をとる治療とは??

気になりますよね(*^^)

 

 

「腎臓と肝臓の調整」です。

これを行うことで膝の熱感がとれていったのです(^^)

あとは徹底的に膝の調整をすることで自然と膝の痛みがなくなりました(^^♪

 

 

 

もしあなたが、膝の症状に悩み

憂鬱な毎日を送っているなら

当院に来てみて下さい。

きっとあなたのお役にたてると思います。

お電話で相談でも大丈夫ですよ(^^9

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

 

感謝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ症状のブログ