症状改善報告

REPORT

症状改善報告

【改善報告】有痛性外脛骨、5年間ストレッチ・マッサージ・鍼灸で治らない痛みが13回で完治

  • 有痛性外脛骨炎

症例報告 Top member丸山

 

この記事は5年間も有痛性外脛骨に悩まされていた男の子が、

当院の治療で痛みが治っていく過程を記しています。

有痛性外脛骨の発症年齢は10歳~13歳が多く、

15歳~17歳までには自然治癒していく場合がほとんどです。

 

今回の患者さんは18歳であり、自然治癒していくどころか、

症状がどんどん悪化してく稀なパターンでした。

 

当院の有痛性外脛骨の症例は多いですが、

今回はなかなか珍しい症例なので、最後までご覧ください。

「5年間も有痛性外脛骨に悩まされる日々が続く」

患者

男子、18歳、学生

症状

両足の有痛性外脛骨

来院日

平成30年 5月中旬

来院経緯

発症は約5年前、患者がまだ中学生で陸上部の所属していた時である。

 

患者が長距離を走った後、右足内側に痛みを感じた。

走るたびに痛みが出るので患部を確認したところ、

右足の内側に骨の突出が見られ、押すと強い痛みを感じた。

 

患者は痛みを我慢し、練習を続ける。

しかし、だんだんと左足も同じ箇所に痛みを感じるようになり、

右足同様に骨の突出が見られるようになった。

 

患者は総合病院を受診。

医師から「有痛性外脛骨」との所見。

「痛みが続くようなら、手術も考えた方が良い」と伝えられたが、

患者と両親は手術をしたくない考えであったので、その話は保留とした。

病院で治療は特に行われず、湿布の処方と安静を言い渡された。

 

患者は2週間ほど安静にしていたが、痛みの改善は見られなかった。

それから患者は痛みを我慢しながら、部活を続ける。

 

自分でテーピングやストレッチをしたり、

整骨院にかかり患部のマッサージや電気治療を試みるも、変化は見られなかった。

 

患者は高校に進学。

高校でも陸上部に入部し、痛みを我慢しながら部活を続けた。

その間も病院や整骨院にかかり、痛みの治療を続けたが、

結局は有痛性外脛骨の痛みが完全に消失する事はなかった。

 

発症から4年が経過。

患者は大学に進学。

患者は居酒屋とホテルのアルバイトを始める。

バイト中は立っている事がほとんどで、外脛骨の痛みを強く感じた。

今までは痛みが出たとしても、数十分で治まっていたが、

翌日の朝まで痛みが続くことが多くなる。

 

痛みの度合いも中学・高校の時よりも増しており、

長時間のバイト後は足を引きずって歩くこともしばしばあった。

 

そんな折、患者にスイス留学の話が決まる。

患者は「足の不安がない状態で、留学を楽しみたい。」という想いから、

もう一度、外脛骨の治療を試みることを決意。

 

有痛性外脛骨に特化した治療院を探していたところ、

両親が通院している当院で、有痛性外脛骨の治療を行っていることを知り、

両親の勧めで当院に来院することを決意。

 

「5年間治らない有痛性外脛骨が13回で完治」

1診目

まず、患者が痛みを訴えている箇所を触診する。

  • 有痛性外脛骨 骨 突出
  • 有痛性外脛骨 骨 突出

写真の×印に痛みを訴えており、触ると強い圧痛を確認。

両足(特に左>右)に骨の突出が見られ、熱感も確認。

 

歩行時に痛みはないが、長時間の立位や歩行で痛みを強く感じる。

バイト中は必ず痛みが現れ、その痛みは翌朝まで治まらないとのこと。

 

触診と問診から『有痛性外脛骨』と判断。

この判断をもとに治療を進めていく。

 

患者は9月からスイスに留学するとのことであり、

患者から「出来れば、留学までには治して欲しい」との要望。

私の今までの経験から、その要望に応えることは可能だと判断。

初めの5回までは詰めて来院するように伝え、患者の同意を得る。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、百会に置鍼

外脛骨調整、足関節アライメント調整

 

施術室内で再現できる痛みは圧痛しかなく、

症状の変化を観察するのが困難である。

患者には日常生活(主にバイト中)で痛みを観察するように伝え、治療終了。

2診目

前回から1週間後の来院。

バイト中に立っている時に、相変わらず痛みが現れ、

外脛骨の痛みに改善はみられない。

それどころか、今までより痛みを少し強く感じたようだ。

 

今回は熱感を緩和させるために、

内臓調整や免疫力アップの調整を行う。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、百会に置鍼

内臓調整、腹膜調整、体幹調整

脛腓関節アライメント調整、下腿内旋変位調整

4診目

初診から2週間が経過。

 

外脛骨周辺の熱感が緩和。

それに伴い、外脛骨の痛みにも変化が出る。

痛みはまだあるものの、足を引きずる程の痛みは消失。

朝の痛みはまだある。

 

今回も熱感をとるための調整を行っていく。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、足三里に置鍼

内臓調整、腹膜調整、体幹調整

脛腓関節アライメント調整、下腿内旋変位調整

7診目

初診から1ヶ月と2週間が経過。

 

外脛骨周辺の熱感消失。

今まではバイト中には必ず痛みが出ていたが、

最近は痛みを感じない日も増えてきているようだ。

初診時に比べ、外脛骨の突出も緩和されてきている。

 

今回から外脛骨患部の調整を加えていく。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、足三里に置鍼

内臓調整、足関節アライメント調整、外脛骨調整

10診目

初診から2ヶ月が経過。

スイス留学まであと1ヶ月を切る。

 

熱感、圧痛ともに消失。

バイト中の痛みも感じなくなる。

朝の痛みに関しては、違和感程度の痛みがあるようだ。

 

今回も外脛骨患部の調整を徹底的に行う。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、百会に置鍼

足関節アライメント調整、下腿三頭筋弛緩調整、外脛骨調整

13診目

初診から2か月と2週間が経過。

 

朝に感じていた痛みが消失。

バイト中にも痛みを気にせず、仕事が行えているとのこと。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、足三里に置鍼

内臓調整、足関節アライメント調整、

下腿三頭筋弛緩調整、外脛骨調整

 

患者の有痛性外脛骨を完治と見なし、今回で治療終了とする。

患者にはセルフケアを指導し、スイスに行ってからも続ける事を伝えた。

「患者さんの口コミ・感想」

Q1、どのような症状でお困りでしたか?

またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?

足の骨が出てきていて、スポーツやバイトをしている時やその後ひどい痛みが出た。

足のマッサージやお灸などをしてもらった。

Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?

またその心配はどうやって解消しましたか?

心配はありませんでした。

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください

施術時には痛みもあったが、次の日などの体調はすごく良くなり、日に日に足の痛みや足の出っ張りがなくなっていった。

Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!

特にバイト後の足の痛みがましになり、朝起きた時も楽になってとっても良かったです。

Thank you! Atsushi

 

お名前:A・W

ご住所:京都府京田辺市

ご年齢:18

ご職業:学生

有痛性外脛骨は99%治る

今回の患者さんであるA・Wくんは、

5年間も有痛性外脛骨に悩まされていました。

 

痛みの状態は中学・高校の時は

我慢しながらも陸上を続けることが出来ていました。

でも、大学生になりバイトを始めた途端、

今までに感じた事のない痛みを感じるようになったそうです。

 

私は有痛性外脛骨の子供たちをよく診ますが、

10代前半~16、17歳くらいの子がほとんどです。

経験上、歩けない程の痛みを訴えるのは10代前半の子でしたが、

18歳の子でこれほど強い痛みを訴えている子は初めて見ました。

 

彼の場合、患部を直接触った治療を行うと、

外脛骨の痛みが悪化したので、7診目までは患部を一切触らずに治療しました。

この理由としては彼の場合、外脛骨患部の熱感が強く、

患部を直接触る事で炎症が強くなり、痛みをより強くさせたのだと考えます。

 

ですので、7診目までは熱感を取るために、

内臓調整を行うことで免疫力アップを促していきました。

 

次に、歩行姿勢を確認したところ、

横揺れが激しいため足関節に大きな負担がかかっていました。

体幹調整と足関節の可動域を良くすることで

足関節や外脛骨にかかる負担を減らしました。

 

今回、A・W君の治療で新たな発見がありました。

それは『外脛骨患部を触らなくても、骨の突出が軽減する』という事です。

 

私は今まで何十人もの有痛性外脛骨を診てきましたが、

基本的には、患部の調整をすることで骨の突出や痛みをなくしてきました。

 

しかしA・W君の場合、7診目までは患部は触らずに治療したにもかかわらず

家族でも分かる程、骨の突出が軽減したのです。

 

今回の経験によって、

私は今まで以上に有痛性外脛骨を早く治せる確信が持てました。

 

今後はこの経験をもとに、

より多くの患者さんを完治に導いていきたいと思います。

 

最後に、

有痛性外脛骨は99%治る疾患です。

A・W君のように好発年齢を過ぎた子や、

病院で「手術しかない」と言われた子でも治る場合がほとんどです。

 

どこに行っても治らないからといって、治療を諦めないでください。

私がちゃんと治してみせますよ。

あなたとのご縁を心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有痛性外脛骨炎ってホントに治るの?

同じ症状の改善報告