症状改善報告

REPORT

症状改善報告

【海外からの患者】アメリカ在住女子、有痛性外脛骨が手術なし7回で完治

  • 有痛性外脛骨炎

症例報告 Top member丸山

 

この記事は、

1年間「有痛性外脛骨」で歩くのも辛かったアメリカ在住の女の子が

当院で7回の治療で完治する過程を記しています。

 

いろんな治療をしても有痛性外脛骨が治らないのであれば

この記事を最後まで読んで欲しいです。

きっと希望が持てるはずですよ^^

 

有痛性外脛骨は手術が必要か?

ストレッチやマッサージで治るのか?

患者さんの口コミ・感想と合わせてご覧ください。

 

「捻挫をきっかけに有痛性外脛骨が悪化」

患者

女の子、10歳、

アメリカ在住、バレエを幼少の頃より習う

症状

有痛性外脛骨

来院日

平成30年7月上旬

来院経緯

発症は1年前。

 

患者はバレエのレッスン中に左足の内側に痛みを感じる。

踊る度にチクチクと棘で刺されているような感覚があったが、

練習後にはその痛みは消失していた。

自身で痛みのあった箇所を触診すると、右足に比べ骨が突出している事に気付く。

 

その日を境に、バレエのレッスン中は必ず足の内側に痛みを感じるようになる。

バレエの先生からマッサージやストレッチの仕方を指導してもらい、

レッスン後は自宅でそれに取り組んだ。

痛みの程度は然程強いものではなく、我慢できる程度であったため、

病院を受診することもなかった。

 

発症から8か月後、

バレエのレッスン中に足首を捻挫。

内反捻挫で足首の外側が腫れあがったため、

4週間は足首にサポーターをつけて過ごす。

 

捻挫の予後は良好であったが、足首の内側に強い痛みを感じるようになる。

以前に比べ、骨の突出が顕著で、強く触ると電気が走ったような痛みがあった。

 

患者は病院を受診。

医師から『有痛性外脛骨』との診断。

「最終手段は手術だが、今はリハビリに通いなさい。」と指示を受ける。

 

リハビリに数回通ったが、痛みは一向に引かず、悪化していくばかりであった。

ジャンプや走行時にだけ痛みがあったが、

歩くだけでも痛みを感じるようになり、

安静時にもズキズキと疼くような感覚に襲われるようになる。

 

バレエのレッスンは全く出来なくなり、

痛みのせいで外に遊びに出るのも億劫に感じる程だった。

 

患者の両親はリハビリでの治療を諦め、他の治療法を検討する。

有名なフィジカルセラピーの治療院に問い合わせたところ、

「有痛性外脛骨は週に2.3回の治療を3ヶ月間続ける必要がある。

ただ、それで必ず完治するとは言えない。」との旨の回答があった。

 

患者は、夏休みに日本へ一時帰国する予定であったので、

アメリカで治療は行わず、日本で治療に専念する事を決める。

 

日本で有痛性外脛骨に特化した治療院を探したところ、当院のHPにたどり着く。

当院の口コミや治療実績を見て、来院を決意。

「1年間続く痛みが7回の治療で消失」

1診目

はじめに、患部を触診。

写真の赤丸を触診すると、強い圧痛を確認。

歩行、走行、ジャンプで痛みを訴え、

足を動かした後は安静にしてもズキズキと痛みが続く。

歩行時は、左足に体重をかけないようにして歩いているのが分かる。

 

触診と問診から、『有痛性外脛骨』と判断。

この判断をもとに治療を進める。

 

患者は8月中旬にアメリカに帰国するため、

「それまでに痛みをなくして欲しい。」との要望。

私の今までの経験から、1ヶ月で完治が可能であると予測。

 

詰めて来院し、治療を行う必要がある事、

現在行っているセルフマッサージなどはすべて中止をする事、

この2点の条件に同意してもらい、治療を開始。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、百会に置鍼

股関節調整、足関節アライメント調整、足指調整

2診目

前回から1日後の来院。

 

有痛性外脛骨の痛みが減少し、足に体重を乗せることが出来ている。

多少の痛みはあるものの、歩行スピードが上がる。

走行とジャンプは、まだ痛みがある。

 

今回は歩行時の痛みを取り除くべく、

徹底して下腿の捻じれと足関節の調整を行う。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、百会に置鍼

股関節調整、下腿内旋変位調整、足関節アライメント調整

4診目

初診から1週間が経過。

 

歩行時の痛み消失。

走行時とジャンプはまだ痛みはあるが、

初診時に比べ、痛みは半分以下に減少。

 

今回も下腿の捻じれと足関節の調整を徹底する。

加えて、安静時の疼痛を改善するべく、

免疫力向上のため、内臓調整を同時に行う。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、百会に置鍼

股関節調整、下腿内旋変位調整、足関節アライメント調整

内臓調整、腹膜調整

6診目

走行時、ジャンプでの痛み消失。

安静時での疼くような痛みも消失。

 

昨日1時間程歩いたが、痛みはなかった。

ただ、帰宅した後に違和感程度の痛みがあったが、

数分でその痛みも感じなくなる。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、百会に置鍼

股関節調整、下腿内旋変位調整、足関節アライメント調整

内臓調整、腹膜調整

7診目

初診から3週間が経過。

前回から10日後の来院。

 

日常生活、バレエを行っても痛みなし。

すべての動作時痛消失。

 

治療:

曲池・合谷に接触鍼、百会に置鍼

股関節調整、足関節アライメント調整

内臓調整、腹膜調整

 

治療後にセルフケアを指導し、

アメリカに帰国後も毎日行うように伝え、治療終了。

患者さんの感想

Q1、どのような症状でお困りでしたか?

またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?

外けい骨

ストレッチ、セルフマッサージ等

Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?

またその心配はどうやって解消しましたか?

特になし

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

2、3回目から効果を感じられ、完治に期待が持てました。

(患者さんのお母さまからの感想)

Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!

I feel so much more relieved and less stresed and happy that the pain went away.

I am so excited to be able to dance without pain and stress on my hoot.

ありがとうございます。

(患者さん本人の感想)

 

お名前:SP

ご年齢:11

ご職業:学生

アメリカと日本で、有痛性外脛骨の治療に違いはあるか?

今回の患者さんであるSPちゃんは、

1年間も有痛性外脛骨に悩まされていました。

捻挫をきっかけに、さらに痛みが悪化し、

大好きなバレエを全く出来ない状態になったのです。

 

SPちゃんはアメリカ在住ですが、

夏休みの期間を利用して、お母さんの母国である日本にやってきました。

 

アメリカでは有痛性外脛骨の治療はどんな事をするのか、

私はとても興味がありました。

すごくアメリカンな治療で、最先端な事をしているのかな~

と想像して、ワクワクしてSPちゃんに聞いたのですが、

残念ながら、日本で行われる治療とほとんど同じでした。

 

『来院経緯』を読んでもらえれば分かると思いますが、

アメリカのお医者さんは「リハビリで治らなければ手術」との診断でした。

リハビリでは下肢のストレッチがメインで、

自宅ではタオルギャザーを行うように指導されました。

 

これは日本の病院での流れと同じで、私は少しがっかりしてしまいました。

 

次に、日本で言うところの「治療院」である

フィジカルセラピーに問い合わせをしました。

かなり有名な治療院だったようですが、

「絶対に治るとは言えない」という回答だったようです。

 

SPちゃんの話だけを聞くと、

有痛性外脛骨の治療は、アメリカも日本も大差はなく、

世界にはもっと有痛性外脛骨に悩んでいる子がいるんだなと思えるお話でした。

有痛性外脛骨を治すための治療

結論から言いますと、

有痛性外脛骨は99%治すことが出来ます。

しかも短期間で。

 

有痛性外脛骨を治すには、

タオルギャザーやストレッチ、マッサージは必要ないです。

これらは間違った方法で行うと、

症状を悪化させる事に繋がる事もあるので、

細心の注意が必要なのです。

 

でも、適切な治療さえ施せば、

これらをしなくても短期間で完治する事が出来ます。

 

では、適切な治療とは?

有痛性外脛骨は骨の突出があるので、

見た目にインパクトがあるぶん、患部に目が行きがちです。

なので、患部周辺のマッサージやストレッチばかりをしたくなるものです。

でも、それでは有痛性外脛骨は良くなりません。

 

当院では、有痛性外脛骨の患者数は年々右肩上がりで、

症例数もどんどん増えていっています。

痛みの程度や発症原因も様々ですが、

すべての患者さんに共通しているのは、

「下肢の捻じれ」と「股関節・膝関節・足関節の可動域制限」

この2点がみられます。

 

この2点を解除することで、どこに行っても良くならない有痛性外脛骨が短期間で完治に至るのです。

ちなみに、「手術しかない」と言われる有痛性外脛骨の子でも

私の経験から言うと、意外とすんなり治る事が多いです。

 

最後に、

有痛性外脛骨に悩んでいる子は

取り合えず当院に来てみて下さい^^

これまで悩んでいた月日が嘘のように、すぐに治して見せますからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有痛性外脛骨炎ってホントに治るの?

同じ症状の改善報告